NEW | PAGE-SELECT | OLD

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

【乙女ゲー】TOKYOヤマノテBOYS HM ざっくり感想。

TOKYOヤマノテBOYSでございます。
PCゲーは今まで関心持たなかったのに、ダラダラPC向かってる間にちょっとプレイできたりして結構快適な媒体だと思った。

前田さんの美麗なCGや全体的なデザイン、音楽などかなり好み。
そして、キャラもみんなよかったよ。

「最初からちやほや状態」な設定で不安があったけど、「大会なので姫扱いしてます」から「やっぱり好きになっちゃった☆」の段階が一応描かれていたので、そこまで違和感なかった。
主人公も時にツッ込み、時に優しく、時に強く、で嫌みやクセのないタイプだった。可愛いです。

選択肢は多くない。
4人でいるときは目当てのキャラを優先してればいいし、個別デートの時の選択肢も数は少なくそんな難しいものもない。
しかも、Qセーブ(複数可能)やシーンバック機能、次の選択肢までジャンプ機能などもあるので、その場のやり直しが可能。てことでゲーム性は簡単。
ただスキンシップする選択で、必ずしもスキンシップすれば好感度UPとは限らないのがミソだった。
スキンシップを断るアイコンの「NO THANK YOU」の文字見ると、毎度コレ↓思い出して吹くw

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/      NO THANK YOU
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ

ゲーム内のblogでは、その日のデートの感想などを書いてくれて、ちゃんと「選んだとき」「選んでないとき」で内容違う部分もあったのが良い。
オマケ要素のシークレットテイルというSSは、選択肢の選択結果やストーリーの進行によって開くみたい。
まだ殆ど読んでいないけど、「あのときはこういう心境だった」「大会前の話」「他のエントリーキャラとの会話」などあったりして、面白いし見応えもある。ここはボイス無いのがちと残念だ。
他にも、条件クリアで解禁するエクストラボイスとか、シーン回想とか、いろいろ充実しております。

びっくりしたのが、前夜祭ディスクのCGが使われていなかったこと!
虎太郎のバック転?のだけはあったけども。
前夜祭ディスクのは本編のから使われてると思ってたからびっくりしたなあ。
無料ディスクなのに書き下ろしだったとか、太っ腹です。
って、開けてないルートで使われてたらごめんw
CGの枚数は差分入れず各キャラ12枚と、共通が4枚。
恋愛END終えた時点でまだ開いてないのが4枚かな?真ENDルートが楽しみだ。
CGはクリックでボイスが聞ける仕様。大体3カ所ぐらいある。
どこクリックすればいいかの表示はないので探しきれないときもあったわ。

ストーリー中、他ディスクの6人も出てくるのが良い。
そういえばエクストラボイスの中に他ディスクのデータがあると解禁てのもあったな。
合同デートは一日がたっぷりに感じたけど、個別ルートはもう少しアッサリかな。
1周はそれほど長くはないけど、CGもキレイだしシークレットテイルのボリュームもあるし、全体的なボリュームは満足できそう。
東京在住なため、知ってる地でのデートがいろいろ見られるってのも楽しめてる。

合同デートも笑える部分が多くて楽しい。
一番笑ったのは悠斗の水着だ。あれは何度見ても吹く。
あと、実在するモノをもじって出てくるのも好き。
不二家のポコちゃんが不死身屋のボコボコちゃんになってたときはツボに入りすぎて辛かった。ボコボコちゃんひでえww
会話のテンポも良い。虎太郎はくどいキャラだけど、ノリがあるから楽しい。
後半は甘さもあるし、EDではエロ台詞もある。でもエロ台詞はなくても良いのよ。


で、EDは3パターン。
この内の、2パターンまで見た。

攻略順は、歩夢→悠斗→虎太郎。
1周目、歩夢・恋愛END→同セーブ利用で悠斗・虎太郎のノーマルEND
2周目、悠斗・恋愛END→同セーブ利用で歩夢のノーマルEND
3周目、虎太郎・恋愛END

3周目の時、殺人鬼くんのイベントが少し増えていた。
恋愛・ノーマルの他に「真END」があるらしく、2周したときにフラグが立ったんだと思う。
しかし虎太郎のルート入ったら普通の恋愛ENDになったため、恋愛END・ノーマルENDは見ておかないと真ルートにはいかないのかも。

てことで、3キャラともこれから真ENDルートです。
真ルートに凸したくないときはどうするんだろう。分岐があってフラグ折ることが出来るのかな。

長くなったから、キャラ感想はまた全部終わったときに書く。
あまりコレ!というキャラがいなかったHMだけど、やってみたらどのキャラも良かったよ。

お気に入りゲームのひとつになった。
真ENDルートに何が隠されているのかも楽しみだな。
スポンサーサイト

| 乙女ゲー | 11:57 | TOP↑

NEW | PAGE-SELECT | OLD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。