2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

【イベント】ストラバイベント 春恋嵐、縁-enishi- など +パタポン3。

GW前後からイベントやライブや、友人と遊んだりゲームのオフ会行ってみたりと遊びに出歩いておりました。
久々の日記更新でございます。

ちょw 最近の私リア充ぽいんだけど!ww
絶対、脱☆非リアしたよこれは。すごいよ。やったNE!

そんな訳でいろんなことをまとめて簡単に。


■STORM LOVER 春恋嵐 夜の部
いやー、楽しかった!
もうストラバとかプレイしたの去年だし、ときめきも薄れていて行く前はテンション低かったんだよね。

OP曲のライブからスタート。やべーみんな黄色い声凄いんですけど。ついていけねーと早速不安にw
キャラソン出るという割にライブは少なかった。OP・ED・タクミキャラソン・校歌(!?)の4曲だったかな。
イベントで一番楽しみなのがこのライブ部分なので、昼も行ってた友人からこのこと聞いてまた少しテンション下がってたわw

しかし!朗読劇…というか立ち回りや舞台セット、制服の衣装などのちょっとした『劇』が凝っててびっくりした。
内容はうろ覚えだけど、基本的にしょーもないギャグで笑わせどころが満載だし、アドリブ面白かったし、笑いっぱなしで楽しかったよ。
澪役の浪川さん。初めてご本人見たけど本人もちょっと澪っぽい雰囲気あるのか!?w
ギャグがシュールでやっぱり澪はいいアクセントw
奏矢役の宮野さんも声と奏矢の映像で出演してましたw
でも一瞬理解出来なかった。マモ、あれは奏矢の喋り方じゃないw喋り方忘れてるだろうww

そのあとのトークショー部分もよかった。
小野坂さんの暴走っぷりが本当にひどい!!ww
しかしボケもツッコミもテンポが良いので笑いは止まらないし、トークコーナーにありがちなぐだぐだ感は皆無だったよ。
とにかく濃いし、詰まりすぎてて充実感すごかったなあ。
今回欠席の奏矢役宮野さんや、夏恋新キャラの椎名役岡本さんのビデオレターもあったよ。

お題に沿った絵を描くミニゲームや、決められたお題を、読み方を指定されて読むというミニ(バツ?)ゲームもかなり良かった。
隆役の木村さんが『エビフライ』のポエムを『激しく』読んだり(「熱血」だったかも?)、澪役の浪川さんが『OP曲の歌詞』を『猫キャラ』で読んだり、会長役の羽多野さんが『ダーツ』のポエムを『英語(っぽく)』読んだりと。
しかしこんな無茶ぶりにもクオリティ高い朗読を成し遂げてて声優さんてホントスゴイと思った。
浪川さんのネコやばいw 私は猫語にはあまり萌えないけど、あれはキュンと来た!

ちなみに、昼は立夏役の梶さんが『校歌』を『可愛く』読んだらしい。
なにその仕組んだかのようなぴったりな組み合わせw
梶さんは声はかわいい系とは思ってないけど、ご本人の雰囲気が可愛いと思う。
投げキッスしたりとファンサービスも良し。

校歌というのは、イベントのEDでみんなで歌ってたんだけど多分わざわざ作ったんだろうな。
テロップで歌詞とかも流れてて、内容とかあまり校歌っぽくはなかった気もするけどw
5分?ぐらいのちゃんとした1曲でした。

そんな感じで凄く凄く濃厚な時間だった。
ぐだぐだしてたり間延びしてることが無いのってスゴいと思う。
見てないストラバファンの人にはお勧めしたいわ。多少キャラと喋り方違う人も居るけど。
私は見たからDVD買うかは未定ですが…。

キャラソンはタクミしか歌わなかったけど、腰を振る振り付けで腰の動かし方がステキすぎて友人と大爆笑。
三浦さん好きな方ごめん。でも大爆笑でした。つか友人も三浦さんファン。

ちゃんとしたイベントに人と行くのは初めてだったけど、一緒にその場で感想言い合えるってのも凄く楽しくて良かったなあ。
一人で自分のペースで楽しむのも慣れてるし平気だけど、笑いを共有できるってのは良いモンです。


■縁-enishi- プレミアム上映会
谷山紀章さんご出演の映画のイベントがございました。
おっと!浪川さんもご出演されてますよ。やっぱりストラバイベントでどこかふわふわした人だなあと感じたのは気のせいじゃなかった!w

映画に出演て何w 公式PV見るからに厨二くさいww 配役にアーティストも居る?演技大丈夫なの?
ちょww上映館が確保できなかったとかww 
イベントのチケット売り開始時間に家に帰れず、取れないかと思ったらそんなことはなく10分後でも余裕。しかも3列目。
つーかイベント直前まで売り切れてませんでしたけど!

しかもイベント内で一番期待してたライブコーナーがカットとか、ちょww
きーやんの生歌目的だったのに/(^o^)\
それで映画80分を含む、5時間ものイベントって何をやるというのだ。

と不安要素満載過ぎてどうしようかと思ったw
でもなんだかんだできーやん出ることが楽しみだったりもして。

映画は雰囲気からして厨二くさく、内容もまとまってるようには感じられず、面白いとは言い難い感じ。
ただアクションはかっこよかった。美形がいっぱい居るおかげで目の保養にもなる。
かっこつけてるきーやんも、かっこよかったw
あと他に好みのお顔の役者さんがいて思わず生写真とかかってみたりw
あ、きーやんのも買ったよ!

アーティストの方々はちゃんと演技が出来ててびっくりした。
若干危うそうな人も居たけど、だからなのかセリフは少なかったので、見ていて棒読みが気になり集中できないってことが無かったのが良かった。

浪川さんときーやんのアクションがねw
浪川さんが「太ってた時期の撮影だった」って言ってたけど、浪川さんのアクションはキレがちょっと足りなくて吹いてしまいました。ごめん浪川さん!w

とか、そんな感じで部分部分では結構楽しめたよ!
私は厨二wwと言いながら、結構厨二くさいの好きみたいだ。
あと恋心あるヒロインはいるけど、濃いラブシーンとかはなかったのも良い。

イベント自体は、映画のクライマックスのアクションシーンで機材トラブル発生してトイレ休憩行く人も出ちゃうぐらい時間が空いたり、なんかもうグダグダ。
監督の意向なのか映画のワンシーンを流してそこに声を当てるというアフレココーナーがあったけど、これをキャスト入れ替えでやらせてみたりってのが何度も何度もあった。面白いシーンをピックアップしてるわけでもなく間延び感が。というか面白いシーンがないのかもしれないけど。
プロの生演技・アドリブが見られたのは良かったけど、同じシーンを2~3パターンで入れ替えてとかちょっとくどくて、完全に監督の趣味で企画下手なんじゃないと思ってしまったよ。
出演者、疲れてただろうなあ…。

映画本編だけでなくスピンオフの作品2本の分のイベントもあった。だから5時間なのか。
映像内の喜屋武ちあきは可愛いんだけど、あの子はしゃべらせちゃダメだと思う。
オタ特有の出しゃばりで説明したがりな部分がやっぱり出てて、残念な子でございました。同じオタでもしょこたんはかわいいのになあ。
おっと愚痴ってしまったぜ!

あと、アーティストな方々…AYABIEのみなさんは映画のイメージとご本人たちの雰囲気がかなり違ってて面白かった。
V系は疎いけど、V系というとクールにしてるイメージが強いので結構お茶目だったり天然だったりゆるゆるだったりと、好印象だったな。

正直、映画は面白い!とは言えないしイベントもテンポ良く濃い内容だったとは言えないんだけど、行って良かったなあっていう気持ちが残ったので不思議。
こちらはDVD出たら買いたいと思う。
まあきーやん自身が動いて演じてる姿を見られるのって結構貴重だと思うし。アクションは好きだったし。
浪川さんの重そうなアクションももう一回みたいw
人に購入は勧められないけど、私はこれはこれでアリでした。



他に、マモのアコースティックライブやGRANRODEOのツアーが始まり2日目の神奈川公演に行ってきたり。
アコライブ、席は抽選だったけど2列目引いたりしてまたマモでくじ運使ってしまった!幸せ!
相変わらずトークが楽しくて元気をくれる人だ。
一方GRは今回も席運なし。行けただけでもマシなのか。
でも神奈川公演楽しかったよ!やっとHEAVEN聞けたし、「神奈川出身の人だけでI・G・P・X!」にも参加できたし、恋音のアコースティックも良かったなあ。
まさかの追加公演山口・新潟だったけど、マモツアーやヤマノテイベントと被らなくて良かった。
まだ東京公演の追加の発表があるんじゃないかと期待してるんだけどどうでしょう。

GRツアーはあと栃木・東京に参加予定。
来月はヤマノテイベントと、当たればうたプリ上映会だな。
マモ&きーやんの回に応募予定だけど、またマモ絡みでのくじ運を発揮してくれないだろうかと期待。



ゲームの方はパタポン3ばかりやってる。
オン苦手だからマルチあきらめてたけど、オフ会というモノがあったのでお邪魔してみたら楽しかったしゲーム仲間も増えたし良かった。
対戦が楽しい!ミサイルバトルのカオスさがたまらん。
ミサイルバトルでのピョコライダの有利さに驚愕したw あとトンデンさん無双UZEEEww

クリアもしたよ。ヤリで進めてたけど、無双のサルの性能に惹かれ途中からサルに変更。
トンチンカンはカノサル・ブルル・キャノにして火力でごり押しした。

噂のフィーナはアジトにおります。ズガガングの助けも得られました。
プレイスピードが遅いと情報が出回ってくれてありがたいわ。
これからは何をすればいいのか…まずは全クラスLv25にすることかな。
セットスキルから取っていこうと思う。達成できるか不安だけど、今のところゲームの購入予定もないしのんびり行こうと思う。
まあ積みゲーは何も崩れてないんですけどね!


てことで、久々の更新でございました。
また今週もGRライブやパタポンで集まってくる予定。あー楽しみ♪
スポンサーサイト

| イベント | 00:32 | TOP↑

≫ EDIT

【乙女ゲー】TOKYOヤマノテBOYS HM ざっくり感想。

TOKYOヤマノテBOYSでございます。
PCゲーは今まで関心持たなかったのに、ダラダラPC向かってる間にちょっとプレイできたりして結構快適な媒体だと思った。

前田さんの美麗なCGや全体的なデザイン、音楽などかなり好み。
そして、キャラもみんなよかったよ。

「最初からちやほや状態」な設定で不安があったけど、「大会なので姫扱いしてます」から「やっぱり好きになっちゃった☆」の段階が一応描かれていたので、そこまで違和感なかった。
主人公も時にツッ込み、時に優しく、時に強く、で嫌みやクセのないタイプだった。可愛いです。

選択肢は多くない。
4人でいるときは目当てのキャラを優先してればいいし、個別デートの時の選択肢も数は少なくそんな難しいものもない。
しかも、Qセーブ(複数可能)やシーンバック機能、次の選択肢までジャンプ機能などもあるので、その場のやり直しが可能。てことでゲーム性は簡単。
ただスキンシップする選択で、必ずしもスキンシップすれば好感度UPとは限らないのがミソだった。
スキンシップを断るアイコンの「NO THANK YOU」の文字見ると、毎度コレ↓思い出して吹くw

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/      NO THANK YOU
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ

ゲーム内のblogでは、その日のデートの感想などを書いてくれて、ちゃんと「選んだとき」「選んでないとき」で内容違う部分もあったのが良い。
オマケ要素のシークレットテイルというSSは、選択肢の選択結果やストーリーの進行によって開くみたい。
まだ殆ど読んでいないけど、「あのときはこういう心境だった」「大会前の話」「他のエントリーキャラとの会話」などあったりして、面白いし見応えもある。ここはボイス無いのがちと残念だ。
他にも、条件クリアで解禁するエクストラボイスとか、シーン回想とか、いろいろ充実しております。

びっくりしたのが、前夜祭ディスクのCGが使われていなかったこと!
虎太郎のバック転?のだけはあったけども。
前夜祭ディスクのは本編のから使われてると思ってたからびっくりしたなあ。
無料ディスクなのに書き下ろしだったとか、太っ腹です。
って、開けてないルートで使われてたらごめんw
CGの枚数は差分入れず各キャラ12枚と、共通が4枚。
恋愛END終えた時点でまだ開いてないのが4枚かな?真ENDルートが楽しみだ。
CGはクリックでボイスが聞ける仕様。大体3カ所ぐらいある。
どこクリックすればいいかの表示はないので探しきれないときもあったわ。

ストーリー中、他ディスクの6人も出てくるのが良い。
そういえばエクストラボイスの中に他ディスクのデータがあると解禁てのもあったな。
合同デートは一日がたっぷりに感じたけど、個別ルートはもう少しアッサリかな。
1周はそれほど長くはないけど、CGもキレイだしシークレットテイルのボリュームもあるし、全体的なボリュームは満足できそう。
東京在住なため、知ってる地でのデートがいろいろ見られるってのも楽しめてる。

合同デートも笑える部分が多くて楽しい。
一番笑ったのは悠斗の水着だ。あれは何度見ても吹く。
あと、実在するモノをもじって出てくるのも好き。
不二家のポコちゃんが不死身屋のボコボコちゃんになってたときはツボに入りすぎて辛かった。ボコボコちゃんひでえww
会話のテンポも良い。虎太郎はくどいキャラだけど、ノリがあるから楽しい。
後半は甘さもあるし、EDではエロ台詞もある。でもエロ台詞はなくても良いのよ。


で、EDは3パターン。
この内の、2パターンまで見た。

攻略順は、歩夢→悠斗→虎太郎。
1周目、歩夢・恋愛END→同セーブ利用で悠斗・虎太郎のノーマルEND
2周目、悠斗・恋愛END→同セーブ利用で歩夢のノーマルEND
3周目、虎太郎・恋愛END

3周目の時、殺人鬼くんのイベントが少し増えていた。
恋愛・ノーマルの他に「真END」があるらしく、2周したときにフラグが立ったんだと思う。
しかし虎太郎のルート入ったら普通の恋愛ENDになったため、恋愛END・ノーマルENDは見ておかないと真ルートにはいかないのかも。

てことで、3キャラともこれから真ENDルートです。
真ルートに凸したくないときはどうするんだろう。分岐があってフラグ折ることが出来るのかな。

長くなったから、キャラ感想はまた全部終わったときに書く。
あまりコレ!というキャラがいなかったHMだけど、やってみたらどのキャラも良かったよ。

お気に入りゲームのひとつになった。
真ENDルートに何が隠されているのかも楽しみだな。

| 乙女ゲー | 11:57 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。